<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Gubbio 1st day

7月2日(木)

いよいよItalyへ。
スタンステッドからのフライトの為、早起きしAnaと時間に余裕を持って
Liverpool St. Stationまで。
名ばかりのStanstead expressへ乗り込み、ゆっくり田園風景を楽しんでいると20分後くらいに急に電車が止まる。。。。
最初は何も考えずにAnaと会話を続けていたけど、何かがおかしい!
何度も何度もエンジンを掛けなおすような音がし、全て失敗に終わっている。
5分以上経過して、車内アナウンス。
「電車はエンジントラブルのため、次の駅で止まります。とりあえず降りて、その駅から次発の電車にのり、なんちゃらという駅で再びExpressへ乗り換えれば~」とのこと。

ちょっと、ちょっと~?
冗談じゃないよ。
このExpressにいくら払ったと思ってんの?(因みに往復28ポンドかな。)

怪しい鈍行へ乗り込み時計を見ると、飛行機に間に合わない可能性の方が高いような時間!
Stanstead-Ancona便は1日1便のみ。これを逃すとピサへ飛ぶか、空港をかえてペルージャへ行くか、若しくは明日まで待つしかない。
急ぎたいにも電車がこうだとどうしようもない。
とにかくAnaと祈りつつ、騒ぎつつ(笑)無事に空港へ着いたのは最終チェックインの直前。
駅からカウンターまで走る走る!

さてさてチェックインタイム。
Ryanairというしょぼいエアラインは、システムまでかなりしょぼい。
オンラインチェックインをしているにも関わらず、EU圏内の旅行者以外はパスポートを見せなきゃいけない。
しかもしかも、チェックインカウンターの前にはLong queue......
そんな中、居ても立ってもいられないMathildeは長蛇の列を無視し、つかつかと態度の悪いおっさんに交渉し(どっちが?!って?笑)、Anaの荷物を預けるのを断念した上で今度は手荷物チェック

預けるつもりでいたAnaの荷物の中には、溢れんばかりの2人のリキッドの山
小分けせずに持ってきていたAnaのリキッド類はここで全て没収され、それでも泣く泣く走ってゲートへ。(Anaはチェックしてるおっさんに「君はMoving pharmacyか?!」と突っ込まれてた。(笑))

掲示板にはNow boardingのサイン!!

ここでも走って走って、しかも田舎へ行く飛行機の搭乗ゲートは決まって一番奥
ようやく自分たちのゲートが見えたと思いきや、ここでもLong queue。
ここで再会した、他の3人の友達によると使用機の到着遅れでBoarding待ちだと!!!
じゃ、何なんだよ!あのNow boardingのサインは!!

折角のAnthony夫妻、大好きなScottとの再会なので、しばし怒りを沈めまたまたここでプチ同窓会

ようやく飛行機に乗り込み、並んで座ったScott、Ana、私はそれぞれサイダー(アルコール有りの方ね)とワインをいただき、後でAnthony夫妻に「お前ら中学生かよ!!」と笑われるほど爆睡したのでした。

Anthonyの借りてくれたレンタカーで1時間ほどかけて、いよいよGubbioへ到着。
(この道中も道順をめぐって夫婦喧嘩勃発でしたが、省略。)
e0047125_11173486.jpg

ここは丘の上に立つ中世の町。歴史を感じさせる素晴らしい建物は圧巻!

取り上げられた化粧品の代替品をどうしても買いたいと聞かないオシャレAnaに付き合って、町のドラックストアへ。
必要以上に高くついても致し方ない。

お金を降ろしに銀行を探していると、突然の雷雨
"It's not our day!!!!"と叫びながら走り、Cafeを見つけ暫くそこで軽食を取りつつ休憩。
再びみんなの泊まっているホテルの前へ戻ると、また新たな仲間(Anne、Jayカップル)が集まっていたのでした。
e0047125_11324746.jpg

このChurch前の広場で飲んだ後、お腹の減ってきた私たちはお楽しみ♪の
Italian dinner!
テラス席で、またまた食べて飲んで思い出話や経済の話(マジメチームのみ)で盛り上がる。
e0047125_1137378.jpg


散々飲んで食べて、それでも飲み足りない(話足りない?)一行は再びChurch前にボトルを持って集合し2,3時まで語り明かすのでした。
e0047125_11464837.jpg

実はこのボトル。新郎新婦から各ホテルの部屋に1本ずつプレゼントとして置かれていたもの。
中にはしっかりアスピリンまで用意されてました(笑)。

二人の結婚式は翌日。
散々な1日の始まりでしたが、皆との再会で興奮しきった1日でした。
[PR]
by mathilde13 | 2009-07-29 11:47 | Voyage - Travel

旅行記の合間に・・・

7月26日(日)

香港から帰国していたHKGsky☆ちゃん、その彼とカワイイ妹ちゃんとMathilde大好きな三軒茶屋の和食屋さんでご飯を食べて参りました!
ここは本当にリーズナブルで格別に美味しい!
今回もどれをとっても美味でした~。

いつ行っても新しい嗜好を凝らしたお料理がいただけるのでオススメですが、予約はなかなか取れにくいのでご注意。
それにしてもHKGSky☆ちゃんの彼が横に某有名おば様女優が座っていたと言うのだけれど・・・・。
真偽の程は・・・・・。

さてさて、三茶はあまり詳しくないので2件目のBar選びに苦戦した4人でしたが、路面にBarらしいBarを発見。
暑いし、皆は明日移動若しくは仕事だし・・・であまり深く考えずに入りました。

飲み物のオーダーを済ませ、しばらく歓談していると華奢なかわいらしい女性ボーカリストが登場。
目の前でライブが始りました。
なんの予測もしていなかっただけにちょっと驚きましたが、彼女の歌声が実に素晴らしい!!

お名前はRyu Mihoさん。

最初のFly me to the moonはMathildeも大好きなスタンダード曲。
表現するのは難しいけど、透明感があってPureで・・・とにかくこの世のものとは思えないほど透き通った美しい声でした
こちらでご視聴あれ!

女性ボーカルって沢山いるけど、なかなか本当に好きなに出逢うのは難しい。。。
Mathildeの場合は若かりし日に出逢った「バードランドの子守唄」を歌うChris Connor。彼女の迫力のある歌声も勿論捨てがたいけど、歳を重ねるごとに柔らかい天上の歌声にそそられます。

映画Divaの中でウィルヘルメニア=ウィンギンス・フェルナンデスが歌った「Ave Maria」もその一つ。
「テルーのテーマ」の手嶌葵ちゃんも独特な美しい声量。
そして、Ryu Mihoさん。
今後の活躍が楽しみなアーティストですね。

11月のコンサート情報
「幽玄の世界、無限の愛」Mariage
11月5日(木)キリスト品川教会グローリア・チャペル
企画・制作:Bossatronica
[PR]
by mathilde13 | 2009-07-27 14:01 | Musique - Music

Paris 2-London

6月29日(月)

月曜日ということもあり、Nadiaは早々にご出勤。
早めに起きた私も、1人Parisで済ませたい買い物がありCourbevoieからOperaへ。

Repettoやギャラリーラファイエットなど、いかにも日本人が行きそう(笑)なお店で買い物を済ませSteph達と待ち合わせをし来来軒へ。

この日は、St.GermainとLe Bon Marcheで姉から頼まれたお買い物を済ませる予定だったので、またまたLong散歩。
お蔭様でよいお買い物が出来ました~。
撮って怒られたBon Marcheの中のマカロン売り場。↓カラフルで美しい。
e0047125_94239.jpg


この日もベビーカーと一緒に入れるカフェを探すのが大変で、友達夫婦間にいや~なムードが流れる。(笑)
しかし、ここで助っ人のNadiaが合流!暑さで疲れきった4人にカフェを見つけてくれる。

この日のDinnerはNadiaが調べてくれたLa Baleine
e0047125_9155430.jpg

ヨーロッパの夏はやはり外メシが気持ちよいね。。。(虫はやっぱり嫌だけど・・・)

このお店、お食事も(ちょっとお高いけど)相当美味しいです。
また行きたい・・。

この日も帰宅が12時過ぎ。帰宅後Nadiaは急いでベッドへ。
何故か今回、ず~っと眠れない私もシャワー後気づいたら寝てしまってました。
(4時には必ず目が覚めるんだけどね)

6月30日(火)
[PR]
by mathilde13 | 2009-07-23 09:41 | Voyage - Travel

Paris 1

6月28日(日)
まだNadiaがお休みなので、ゆっくり起きて遅めの朝食を済ませStephたちと待ち合わせの場所へ。
今日はマレ地区でウインドーショッピングを楽しむ前にSpanishレストランで昼食。
サングリアが美味かった。

こんなにパリに来ているのに、ポンピドゥー見たの始めて。
e0047125_1202970.jpg

ことヨーロッパではエッフェル塔、ロンドンアイなど新しい感覚のものに関してはどの時代もかなりcontroversial。これはその代表格だな。
私も個人的には・・・。

マレからまたずっと歩き続けて、とにかく歩いた歩いた。
途中はやはり橋の上でパシャリ。
私の一番好きなパリってセーヌが見える橋の上かもしれません。
e0047125_1225738.jpg

またまたひたすら歩いて、今日のお食事処Place d'italyまで。(これ、本当にLong longお散歩ですから!)
ベビーカーも入るところを考えるといつものThaiレストランには行けず、今日は中華。
あまり美味しくなかった。笑

翌日はNadiaがお仕事のため、慌てて帰るもこっちって食事を始める時間が遅いもんだから帰宅したのは12時過ぎ。Nadiaとゆっくり語らいもできずお互い疲れと尋常じゃない汗を流すためにシャワーを浴びてこの日は終わるのでした。

時差ぼけで眠れない私は、Nadiaに強い酒をくれ~!と頼みウォッカをグビっと一口(私のね。)頂き眠りに就きました。
[PR]
by mathilde13 | 2009-07-21 01:29 | Gourmet - Gourmet

Tokyo-London-Paris

ご無沙汰しております。
暑い日が続いておりますが、皆様お元気ですか?

さて、わたくし6月26日から7月7日まで友人の結婚式に託けて1人旅に出ておりました。
1人とは言っても、宿を取らず友人宅にお世話になるため、1人の時間なんて殆どないのですが・・・・。

さて、出発前日の夜、汗だくで用意しながらふとシャワーを浴びようかと思ったらまさかの断水!!
「なんだよ!!!」と思い、マンションの緊急センターに電話するも、「入り口に張り紙してありましたよね?!」なんてあっさりかわされる始末。
もう、全身べたべただし、気が狂いそうになっていると旦那が鷹番に銭湯を見つけてくれて新婚早々『神田川』ばり。
って本当に大切なんですよね。特にこの季節。
それにしても銭湯なんて小学生の時に遊びで連れて行ってもらってた以来。
独特の雰囲気ですね。

さて、出発当日
まずは新しい第一ターミナルが楽しすぎてお土産探しに没頭。
いらんものまで沢山買う(^^;)。

久しぶりの12時間フライト、ちょっと辛いけど映画が沢山あって楽しい!
ANAは機内食も美味しい方だし、映画の本数が多いよね。
『愛を読むひと』(何で本の通り『朗読者』じゃいけないの?なんか軽い商業主義を感じません?)と『そんな彼なら捨てちゃえば』、『イン・ハー・シューズ』を観ましたが、『そんな~』は思った通りの?な内容でしたが『イン・ハー・シューズ』は結構良かった。
最近、キャメロン・ディアスを妙にカワイイと感じるようになったのよね~。
『愛を読む人』は原作を読んだのでノーコメント。

ま、そんなこんなで楽しい機内を過ごし、いざロンドン着。
Customを無事通過し、懐かしのS氏に電話を入れ出口まで迎えに来てもらう。
S氏の車で本日の宿泊場所AnaのKentish town近くのFlatに到着したのはおよそ1時間半後。
混むよね~、夕方ヒースローからセントラル。

この日はAnaとBelsize parkのオープンカフェで食事をし、尽きないバカ話で盛り上がり、さらにAngelのPubに移動。
翌日はParisへ出発なのに帰国はAM2時頃。あ~、疲れました~。

そして翌日。
AnaとHamstead heath のカフェでブランチし、大きな荷物を抱えながら一旦St. Pancrasで荷物を預かってもらい、野暮用を済ませにHarrodsへ。セールであまりにも人の多さに圧倒されながらSt. Pancrasへ戻りギリギリの時間にEuro starのゲートに入る。

Euro starの中ではひと時のお1人様のお時間。
のんびり持ってきてた本を読み、車窓からの風景を満喫。
Paris Gare du Nordに着くとNadiaのお迎えが!
「今日はゲイパレードに行って来たから、車じゃないの」ということでRERとバスの乗り継ぎでNadia宅まで帰宅。
夜はこの日に合わせてLyonからPhilとStephがもうすぐ一才になる愛娘と一緒に遊びに来てくれたのでNadia家近くのレバニーズ料理のTake awayしてもう1人のPhilと6人で夕食を囲む。
もう1人のPhilは最近タイ人の彼女と結婚し、翌日から挙式のためタイに向かったのでした。
本当におめでと!

あまりにも疲れていたのか、皆とまだ飲みながら話をしている段階でソファで寝てしまったみたい。
申し訳なさそうにNadiaに起こされ、ベッドメイクしてもらい、またそのまま眠りへ。

今回の旅、まだまだ長いのに、前日の断水のお蔭でず~っと寝不足が続くのでした・・・・。
e0047125_1171695.jpg

[PR]
by mathilde13 | 2009-07-13 11:00 | Voyage - Travel