<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

A Paris

先週末、またまたParisです。
本当にParisばっかりは(住んだことないからか)好きで好きで仕方ないです。(笑)

金曜日に授業が終わってからTGVに乗り込み、この日は飛行機で来るStephと待ち合わせて彼女がずっと行きたがってたTORAYAに連れて行きました。

それからちょっとポッシュなエリアをぶらぶらして、カフェでワインを飲んでいるとStephのお友達のフィリップ(ってこの名前、知り合いに多すぎ!!)とNadiaが車で迎えに来てくれました。

その後4人で向ったのはLes don juanというレストラン。
ここは日本にありそうな若者向けっぽい造りでした。(ワイン飲んで1人45ユーロくらいだったからちょっとお高いよね?)
塩味がもう少し薄いといいのにな~と感じましたが、まあまあ。

この日はNadiaの素敵なお宅にお世話になり、翌日は朝っぱらからチーズとバゲットをパクパクいただきました。
そしてお昼はChina townにあるラオス料理の店!!
もうね、美味しいなんてもんじゃないですわ。ここの料理。
さすがにいつも行列が出来るというのが納得できます。しかも安い!!

Parisに行かれたら是非立ち寄ってみてください。

Lao Douang Chan
161, Avenue de Choisy
75013 Paris
(Metro: Place d'Italy)
水曜定休

この日の夜は初Novotel (モンパルナス)。
またまたStephの割引がきいて、Novotelに格安でお泊り。
やっぱり名の知れたホテルって「ホテル!!!」っていう造り。
Mathildeご満悦でございました。

そして夕食は近くのLe dix vins
ワインも色々試せるし、ボトルも飲んだところまでの料金(勿論、飲み干したけど。)だし、お食事も美味しかった~。
e0047125_18293036.jpg

↑このお皿どこで買ったかきいて見たんだけど、やっぱり特注らしいです。残念。

翌日は
[PR]
by mathilde13 | 2006-11-20 18:50 | Voyage - Travel

A Londres

最近、小旅行が続いています。
先週末はロンドンへ里帰り(いくつ里があるんでしょ?)!!

今回のお目当てはLaura他、現在ロンドンで働いている友達に会うこと、プラス大好きなHerbie Hancockのライブに行くことでした。

Herbieと言えば日本ではすぐに完売になってしまうし、お高いの。
10年前にもロンドンでJua2003さん(このお方、約束すっかり忘れてて焦りましたが。笑)と見に行ったときは50人くらいしか収容できない会場で、こじんまりして嬉しかったんだけど、今回はカムデンとチョークファームの間にあるRound House。広い会場はそれはそれで楽しいもんですね
当日は長蛇の列で本当に入れるのか?(この日は5歳児から80歳くらいまでという客層。さすが、Herbie!!)と不安に思うくらいだったけど、私はHerbieの指使いが見れる一番前に(メイン会場は立ち見)落ち着くことができ、フルに堪能しました。
e0047125_746481.jpg

本当に変わらずかっこよかったよ~。
(曲が終わり拍手が起こるとその都度にっこりする顔がたまらなく可愛かった。)

今回はフル・アコースティックではなかったけど、カンタループもスティービーの名曲もやってくれました。
ビデオを貼り付けたいんだけど、不具合が起きそうなので次回挑戦しますね。

それから
[PR]
by mathilde13 | 2006-11-14 08:01 | Voyage - Travel

A Milan

高いし、一旦諦めたMilano。

誰かとの電話を切った後、Stephが「Mathilde、Good news!!ミラノ行けるよ。しかも往復45ユーロで。」ってまさかの格安なんだけど、これも彼女の社員割引のお蔭。
感謝、感謝。

一泊二日だけあって、朝4:30起床、早い便でミラノへ向かう。
街は私が勝手に想像していたミラノとはちょっと違う。
この街に対しては、何故かモダンなイメージを持っていたけど実際は全体的に「古い!!」という印象。

ホテルに荷物を置いて、いざ観光+ショッピング。
e0047125_313091.jpg

(↑Duomo)

パリは日本人観光客が減ったとかって聞いていたし、最近あまり大量の日本人を見なくなったし、バトームシュ(ちょっと根に持っている)では日本語解説が消えてアジアの言語は中国語と韓国語だけになってたし・・・・でミラノもそうなのかと思いきや、物凄い数の日本人団体観光客!

ここ一年以上田舎暮らしであまりお目に掛かれなかったせいかとっても懐かしくなって、混じってガイドの解説を盗み聞きしたりしてみました(笑)。
まだまだ日本人観光客も健在ですぞ。

さてさて、そんなことはさておきDuomoの中。↓
e0047125_3163241.jpg


↓オペラは見れなかったけど(ちょうどドン・ジョバンニでした)Scala e museoの前のカワイイ標識。
e0047125_3172091.jpg

ここでNY出身でミラノに長く住む80歳くらいのおばあちゃんに出逢い、色々お話聞かせてもらいました。
彼女が別れ際に言った"Be curious about anything!" (何にでも興味(好奇心)持ちなさいよ!)って言葉が、印象的。これって若い人がいうと重みがないんだろうけど、この位の歳の方から聞くととっても心に残ります。

↓Cenacolo(最後の晩餐)のある場所。
e0047125_3174623.jpg

ダビンチコード効果か(?)11月下旬まで予約が一杯で入れないらしい。
しかも中にいれるのは15分のみ。
ええ商売ですな~。ダン・ブラウンにコミッションあげないとね。

あとは、AC Milan(インザーギ)ファンの姉のお土産探したり、お高いエリアで目の保養したり。
でもなんと言っても、食べ物が本当に美味しい!!しかもフランスに比べると何でもちょっと安く感じました。

二人共観光本を持っていないため、全て現地の人にオススメを聞きつつの貧乏旅。
沢山道に迷ったりもしたけど(City centreから離れたところのBarを薦められたから)大きな喧嘩もなく(小さいのはしょっちゅうね。笑)楽しく過ごすことが出来ました。

そして帰りの飛行機では
[PR]
by mathilde13 | 2006-11-10 03:36 | Voyage - Travel

シャンパン三昧

PhilとStephの結婚式も近づいてきました。

そこで日曜日はドミニカに持って行くシャンパンを決めるためにおうちで6種類の試飲会。
前日にLes Hallsという市場に行って、アペリティフをお惣菜屋さんやチーズ屋さんで沢山買っての小さなパーティー。

↓Gratin de canardなど・・・。
e0047125_8153942.jpg

↓チーズ。(このお店のチーズは全部美味しかった!)
e0047125_816030.jpg


私なんかはアルコールであればなんでもオッケーだから(笑)よくわかんないけど、集まった家族たちは3本目まで試飲したところで「こりゃ、あかんわ。」ということに・・・。

というわけで月曜日に再度Lyonに戻り、土曜日にも行ったSalon des vins(巨大な会場でのワイン見本市)で24本のシャンパンをゲットしました。

これは私もお気に入りの一本で、卒業式用に仕入れたものと同じ。
16.40ユーロなんだけど、素晴らしいお味でした。

最近は秋だから?か、こうやって食べたり飲んだりしてばっかり。
Lyonのお料理大好きだけど、

たまにはあっさり日本食も恋しくなるもの。
[PR]
by mathilde13 | 2006-11-07 08:32 | Gourmet - Gourmet

Dolmas と Crique

フランス語はままならないけど、Stephと交代で作るDinnerはお互い毎日の楽しみ。

そして日本に帰って友達を呼んでお食事会するのがまたまた楽しみ~。

↓これは先日Stephが作ってくれたDolmas(ドルマ)。ママンがアルメニア系なのでそちらのお料理のようです。
e0047125_17443074.jpg


日本のピーマンの肉詰めのような料理ですが、牛ひき肉とトマトピューレとトマトの種を取った中身にパセリ、お米、ブイヨンと塩コショウを混ぜたものをズッキーニとパプリカとトマトに詰め、それを蒸したもの。
これに粉末のCumin(フランス人は”キュマン”と発音しますが、要するにクミンね。笑)をちょっとかけていただきます。

昨日はCumin入りのチーズを沢山食べちゃったし、Cumin好きの私にはたまりません。

↓そしてこれが昨日の夕食。Crique。
e0047125_17504893.jpg

荒めにすったジャガイモと大量のパセリと卵を混ぜ塩コショウしたものをお好み焼き(?)の要領で焼くだけ。薄めに焼いたほうがパリパリ感がでて美味しいらしいのですが、今回はちょっとお好み焼きっぽい厚さに仕上がってました。

どちらの料理も各家庭によって作り方は様々みたいだし、これをMathilde流にアレンジしてみんなにお届けしま~す。

楽しみにしててね。
[PR]
by mathilde13 | 2006-11-01 18:10 | Gourmet - Gourmet