<   2005年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Blogオヤスミ

Paris滞在中とカメラの故障により、暫くBlogをオヤスミさせていただきます。

1月6日には再開予定です。

2005年も大変お世話になりました。

皆さん、よいお年を。
[PR]
by mathilde13 | 2005-12-27 05:52 | Voyage - Travel

お酒バトン 第二弾

第一弾「お酒バトン」をお渡ししたHKGsky☆さんより「お酒バトン第二弾」を受け取りました。
眠れないので早速水割りを片手に挑戦してみます。

1.酔うと基本的にどうなりますか?

セクハラする。(最近の十八番)
しゃべりまくる。
かわいこちゃんになったフリをする(らしい)。
泣き上戸。
記憶をなくす。
悪態つく。

つまり、最悪。

2.酔った時の最悪な失敗談は?

歯です。歯!!
自転車を買って、嬉しいあまりに友人のBarに自転車で参上。
飲んだ後、酔っ払っていたのに飲酒運転。

いいバイクだったので、日ごろは越えないような段に挑戦!(運動神経Less than zero)
顔から思いっきり地面へ。
顔中血だらけ。前歯2本欠けました。

3.その時どのくらい飲みましたか?

う~ん、それがあんまり飲んでないのです。
ワイン2本くらいかな。

4.最悪の二日酔いはどんな感じでしたか?

正確に言うと5日酔いです。
ロンドンのとあるスペイン料理店に友人と関西から来ていた彼女の友人カップルと行ったときのこと。
散々リオハを飲んだ挙句、店のオーナーらしきおじいちゃんがたいそうな親日家で、日本酒を振舞ってくれました。
基本的に日本のお酒に弱いわたくし。完全にノックアウト。

5日間、Hangoverでした。
思い出しただけでも具合が悪い・・・・。

5.酔っ払って迷惑かけた皆様に謝りましょう。

数え切れない数の皆様、本当に申し訳ございません。

酔ったな!と感じたら、凶暴につき近寄らないでくださいね。


6.今、冷蔵庫に入ってるお酒は?

冷凍庫にウォッカ。
冷蔵庫にシャブリ1本、缶ビール5本。
その他、赤ワイン3本、母が持ってきた日本酒、最近お土地柄か再び飲み始めたウイスキー1本。
e0047125_9463160.jpg


7.好きな銘柄は?

とにかくシャンパン+他国スパークリング大好き♪
冬は赤ワイン、夏は白ワイン。

ジンはビフィータ+シュタインヘガー+ボンベイサファイア。
ラムはロンサカパ。
ブランデーはヘネシー(最近飲まないけど)・・・。
ビールは渋くキリン派。
 
8.最後に飲んだお店は?

クリスマスパーティーをしたホテル

9.よく飲む思い入れのあるお酒は?

第一弾参照。

10.バトンを渡す5人。

同じく、時近くして歯を折ったjua2003さん(笑)。
二人で酔っ払って羽目をはずした、我が心友REINAさん。
強靭な飲み友達Kogatchさん、nokakoさん。
どんな酔い方をするのか興味深いlittle mermaidさん。

よろしくお願いしま~す。
[PR]
by mathilde13 | 2005-12-21 09:51 | Boisson - Drink

MamaとわたしとNew pod

先日、母がはるばるやってまいりました。
ヒースローからのトランジットは少々疲れた様子。(初めてのおつかい状態)

私は朝からお買い物にお掃除に準備を済ませ、この日はScottishで迎えることにしました。
まずはスモークサーモンとシャンパン♪
e0047125_845648.jpg


次にHaggisです(^^;)。
e0047125_848827.jpg

食わず嫌いの人が大変多い、このスコットランド特有の料理ですが私は大好物なんです。
(本当はHorse Radishも付け合せるのですが)この日はマッシュドポテトと一緒に頂きました。母も結構お気に入りの様子・・・。
ゲテモノ大好き一家ですからね~。

そして、この日のメインディッシュ
[PR]
by mathilde13 | 2005-12-19 08:57 | fête - Party

La fête de Nöel

ようやく試験が終わりました~。
結果は散々だろうけど、とにかく終わった。
大体3ヶ月で8教科も習得できるわけないんだから、ま、こんなもんでしょう?!
ダイレクターからのお呼び出しは免れそうもないけれど・・・。

さてさて、お待たせしました~。(待ってない?!)
お楽しみの『The Ball』。
お祭り好きのアメリカンPaulの発案で、どんどん進められてきました。
この日の舞台は5つ星ホテル
こんな高級ホテル、パリ出張中の友達のホテルバルザックを訪ねた時と香港ペニンシュラホテルでお手洗いを借りた時以来です。
しかし、さすがのお国柄・・・。料理はあまり美味しくなかったな。

ロケーションがロケーションなだけに、ドレスコードは厳し目。
男性はBlack Tie(Taxedo) 若しくは、Kilt着用が望ましい。(最低でもスーツ)
男性は大変ですな。

私たち女性陣はあまり規定もなく、私は持ってきていたドレスとブーツという姿で結構お気楽に参加してまいりました。
試験終了後に、変装するだけで疲れ果ててしまいましたが・・・・。

これが会場の様子。
e0047125_21491749.jpg

こうして見ると、皆、ちゃんとした大人だったんだな~ということに気付かされます。

私の大好きなふたり!
[PR]
by mathilde13 | 2005-12-16 21:54 | fête - Party

Go Go Deutschland !!



とうとう、World cupのチケットを申し込んでしまいました~♪
(3戦分)

きっと無理だろうけど、行けたらいいな。

一人観戦なんですけどね・・・・・。
[PR]
by mathilde13 | 2005-12-13 08:48 | Sport - Sport

Stats

今日はお昼から統計学の試験ですぅ。

昨日、教授からもらった過去問をひたすら解いていたところ変なものを発見。

重回帰用の資料なのですが、ふざけている。
e0047125_17194936.jpg


この教授、60くらいでとてもマジメそうなおじいちゃんなのですが、いつも何かがちょっと面白いんです。

これ、何のパクリか全て判ります?
[PR]
by mathilde13 | 2005-12-12 17:13 | Etude - Study

絶妙なお味

試験前にこの更新頻度・・・。
完全なる現実逃避が明るみに。(笑)
人間、追い詰められるとこんなもんです。

さて、以前大学寮に居た頃、Indianの友人と飲んだ帰りに彼のキッチンでカレーをご馳走になることになりました。
あんまりお腹も減ってなかったけど、「インド人=カレー」の私はそりゃ~頂くしかないでしょう!!と思い、眠い目を擦りながらキッチンへ。

残念ながらお手製のカレーは少ししか残っておらず、TescoのReady to eatなカレーと混ぜたものだったのですが、そんなことはど~でもよろしい!

美味しいのは、コレなんです!!!

MANGO PICKLE!!!
e0047125_1321171.jpg


ちょっとすっぱい感じのするMango Pickleをちょびちょびカレーとご飯に混ぜながら食べていく・・・・。これが絶品なんです。
ベジタブルカレーや、ひよこ豆のカレーなんか(ハーブを使った、日本のカレーじゃないもの)とよく合います。

早速、9ヶ月後のお持ち帰りリストの首位を獲得したMango Pickleちゃん。
しかし荷物になるので、日本でも買える場所があればどなたか教えてください。
(きっとあるはず!)

そういえば、10年前のお気に入りはコレでした。
[PR]
by mathilde13 | 2005-12-12 01:37 | Gourmet - Gourmet

決戦はドイツ!

いや~、決まりましたね、W杯の組み合わせ。

皆さん、ご感想は?

個人的にはクロアチアに勝ち点3は難しいまでも、オーストラリアには勝って欲しいな~。

12日から試験なのに現実逃避気味のここ数日間・・・・。

だって、今更わかんないもんはわかんないし・・・・、12日にはW杯チケットのThird purchase phaseが・・・・・。

頑張らなくては。(試験?チケット?)

こんな本を見つけて、チケットもないのに行く気満々のワタクシでした。


ドイツ好きの皆様、ドイツの魅力を教えてください。(未だ足を踏み入れたことなし。)

面白い記事見つけました。
[PR]
by mathilde13 | 2005-12-11 04:40 | Sport - Sport

買っちゃった!

以前、姉とMSNでチャットしているとき「Hunter Boots、探しておいてね~」と言われた。
街を歩いてみるも、本家本元とはいえ、どこを探しても見つからない。

HPを見つけ、「まぁいつかちゃんと調べてあげようと」思っていた日のこと。
初雪の為、歩けず・・・・・・。

「おお、雪の日用のBoots買わなきゃ!!!」とあのHPをじっくり検索してみた。

いや~、カワイイ!!ひとつに決められない・・・・。

姉にチャットで、Hunterを買う旨を報告。
便乗して頼んで欲しいとのこと。

というわけでついに買ってしまいました。
e0047125_13492317.jpg


私のは極寒を予想して、中がフカフカでソールがギザギザのコレ。

姉は只今日本なので、
[PR]
by mathilde13 | 2005-12-10 14:00 | Achat - Shopping

日本の女優



こんな記事を読みました。
邦題はSAYURIというこの映画・・・・。キャスティングに関しては賛否両論のようですね。

私も正直、フムフムと思いましたが、ビジネスの観点から見ると日本人女優で集客力のある女優さんって・・・・・。
難しいですね~。

日本の女優さんはオーディションにすら挑戦しない云々のお話も下記にありますが、日本独特の謙虚さや奥ゆかしさみたいなものは世界では通用しないのでしょうね。

芸者が京都弁ではなく英語を話す違和感は否めませんが(笑)、姉曰く、もともと外国人作家によるファンタジーの世界なのでいいのでは・・・・とのこと。

海外進出が全てだとも思いませんが、やはり日本人女優さんには今後もう少し頑張ってもらいたいものです。

柴咲コウとか、三船美佳とかお綺麗で強さもあって適任かと(かなり個人的な趣味ですが)・・・・。


HONG KONG (AP) -- The makers of "Memoirs of a Geisha" expected to be lauded for creating the first big-budget Hollywood movie with Asian actors in every leading role. Instead, they find themselves defending casting decisions that have inflamed historical tensions between Japan and China.

The English-language film is set in Japan and adapted from the American novel. It stars Chinese actresses Ziyi Zhang and Gong Li, and Chinese-Malaysian actress Michelle Yeoh. They join several Japanese performers, including Ken Watanabe.

For months, the Internet has been filled with vitriolic debate over cultural insensitivity, and Zhang has been denounced in China for her starring role. The arguments boil down to this: A movie about Japanese culture should have a Japanese actress in the lead.

The filmmakers, however, thought that would be shortsighted and discriminatory. Producers Douglas Wick ("Gladiator") and Lucy Fisher, and director Rob Marshall ("Chicago"), say the casting was an exhaustive, meticulous process that considered acting ability, star power and physical traits.

"Some Japanese actresses didn't even want to audition, because they couldn't speak English and were too afraid to try to take it on," Fisher said.

Marshall said that when Zhang auditioned, she immediately established that she deserved to be the star: "Your hope as a director is that someone comes in and claims the role, says 'This is mine.'"

The debate is somewhat perplexing considering that actors have been playing characters of different nationalities throughout the history of film............
[PR]
by mathilde13 | 2005-12-08 22:10 | Cinéma - Film