カテゴリ:Ville - City( 13 )

For London lovers

最近、歳を取ったせいか10年以上前にロンドンにいた時のことをよく思い出します。
その時、Radio Novaから聞こえてきたのが、コレ。



あ~、ロンドン時代の友達に出逢った日々があたまでぐるぐるまわってます~。
みんなに会いたくなっちゃった!!
[PR]
by mathilde13 | 2009-01-10 22:10 | Ville - City

予行演習

皆さん、もう3月なんですね。ご機嫌如何ですか?
行く月、逃げる月、去る月とはよく言ったもので、1月から3月って毎年あっという間に過ぎていく気がします。

さてさて、わたくし事ですが2月26日より短期でちょっくら働き始めました。
とは言っても、まだまだ転職活動も続いておりますので、9:00-17:30の実働7時間半という残業なしのお仕事を今月末までです。

今はまだ社内用のコンピューターシステムの申請が終了していないので、業務外の翻訳とかして遊ばせてもらってます。(給料泥棒もいいとこです。本当に!)
しかも、申し訳ないことに20階にある私の窓側のデスクからは色んな国の大使館や国会議事堂なんかも見えたりして、観光気分満載!田舎モノなのでかなり楽しんでますヨ。

朝の通勤ラッシュには辟易させられますが、これも慣れなのかな~?!
え~い、社長出勤したい!

しかし、初のOL生活、なんだかキョロキョロしてしまうことばかり・・・。
全く知らない世界に転がり込んで、緊張というよりもわくわく感の方がまだ勝っているようです。
しかもこの会社、どんな人選してるの?ってくらいいい人が多いんですよね~。(上司はどこも別としてね。)
女性の方は殆どが派遣さんで、皆さんバリバリに働いていらっしゃるしカッコイイ。まだまだお客さん気分の私は後ろめたいんですけど、システム使えないししょうがないじゃん!(ずっと使えなきゃいいのに。フフフ)

と、何とか楽しく生活しています。
早寝早起きが一番辛いですが、これも就職先が決まったときのための予行演習だと思い頑張ります。
皆さんも花粉辛いけど、御機嫌よう。

取り急ぎご報告でした。
[PR]
by mathilde13 | 2007-03-01 22:54 | Ville - City

Love Tokyo

昨日朝起きてから頭痛が酷く、鼻もじゅるじゅる。

せっかくの日曜日(って、いつも日曜日?)の友人宅でのランチのお誘いも泣く泣くお断り。
それでも頑張って自転車乗って買い物に行くも、坂が多すぎて死にそうになる。
7段階も付いてるJean-Paul Sr.に限って坂をこぐのがこんなに辛いわけがない!!

そんな訳で今日、区役所に転入手続きをしに行く前に近所の自転車屋さんに寄って空気を入れてもらう。ここのお兄さん(ってきっと私より若いけど・・・。汗)、とっても気さくでいい方。

乗り心地も抜群になり、気分よく区役所に向うと、これまた区役所の方々が信じられないくらい親切丁寧!田舎の方が絶対対応いい筈と思っていたのに、これは嘘でした。(地元の博○区役所ではこんなサービス考えられない。)

でもMathildeの人生、常にオチあり。
不動産に送る住民票を受け取る際、区役所職人の方と内容確認をしていたところ。
区役所職人男性:「間違いがないかご確認ください。」
M:「えっと、父の名前の漢字ですがこっちだと・・・・。」
区:「いえ、こちらの漢字でよろしいようですよ。」
M:「あ、そうですか、父の名前なのにすんません。」
区:「他はよろしかったですか?」
M:「はい。」
区:「あ!!!!!」
M:「何か?」
区:「申し訳ございません!!!」

私の性別、思いっきりになってましたし!!

ひどい、こんなにロンゲなのに・・・・。酷すぎる。
でもここは私、「いえいえ、そのようなものですから大丈夫ですよ。」(苦笑)
**********************************************
そして、体調が悪いときはいつも気になる”食生活”を見直すためにスーパーへ直行しました。

今日は豚肉の賞味期限もあったし、おふくろの味「大根と豚肉の煮物」がど~~~しても食べたくなって、母に電話でレシピを聞き作ってみました。
e0047125_19592769.jpg

(納豆ごはんと・・・・。地味?貧乏臭すぎる?!)

スーパーの帰りにはJean-Paulにチリンチリンとランプを付けてもらうため別の自転車屋さんに寄りましたが、ここでもとってもいい応対をしていただきました。

こんな小さな人の優しさが沢山味わえて、身に染みる日っていいですね。
自分自身も誰かの一日をほんのちょっとでも気持ちよくできるような言動を心掛けようと痛感した一日でした。
[PR]
by mathilde13 | 2007-02-05 20:08 | Ville - City

ゆかりの地

なんでもスコットランドって最近、「~ゆかりの地」ってところが多いような気がする。

論文終わって、ついでに夏も終わって寒いんだけど(この日は18度)、ようやくかのゆかりの地へ行ってきました。
e0047125_20435252.jpg

本当は入場料7ポンド(今は1ポンド219円なので約1500円以上)するんだけど、閉館15分前くらいに行って受付のおばちゃんに聞いたら「料金はいいからちゃっちゃと見ておいで。」といわれバタバタですが教会の中に入ることが出来ました。

小説を読んだときは、勝手にもっと大きいところを想像していたけど、とてもこじんまりしたチャペルでした。
e0047125_20491282.jpg


外装は残念ながら建物を守るために屋根が付けられていてあまり美しくなかったけど、このチャペルのある町は自然に囲まれてとっても素敵なところでした。
(野ウサギもピョンピョン、小川のせせらぎも聞こえてきます)
e0047125_20514025.jpg

e0047125_2052782.jpg


小さな町を訪れたときの楽しみはなんといっても地元のパブへ行くこと。

観光客に辟易しているかと思いきや、皆とってもあったかくってかわいい!
小説とチャペルの話をしてしばし楽しい時間を過ごしました。
(みんなサッカー観戦でテレビに釘付けだったけどね。)
[PR]
by mathilde13 | 2006-09-07 20:59 | Ville - City

祭りも佳境

2月にはチケットが完売してしまったというMilitary Tatoo(スコットランド軍隊による軍楽パレード)ですが、朝Anaから「チケット取れたから、行くよ!!」との電話あり。
というのもキャンセルした人がオフィスに返すという仕組みになっているんです。
なのでラッキーであれば当日でも取れちゃう。

まだ論文完成してないんですが、こんな機会はもう二度とないと思い行ってきました。
(教授に大口叩いて「今晩中に完成したものを送信します。」なんて言っちゃったんですけど・・・。すんません。)

さて、母が「汚いお城!!」と評したお城ですが、さすがに今日は綺麗に見えました。
e0047125_21185943.jpg


こんなパレードが古城をバッグに見れるなんてやっぱり荘厳な雰囲気でしたよ。
e0047125_21213421.jpg


スコットランド、イングランド軍隊の他にもニュージーランドや(なぜか)チリの軍隊のパレードなんかもあるんですが、さすがにかっこいいな~と思ったのがスイスのTop secretでした。
e0047125_2124518.jpg

なんだか”Knight"って言葉がよく似合う美しい出立ちでしょ?

さ、それでは勉強に戻ります。
今日こそ仕上げないと・・・・・。
[PR]
by mathilde13 | 2006-08-26 21:30 | Ville - City

Festival has started

土曜の夜、PCに向かいながらもいい文献が探せず、論文も進まず・・・・・。
そんな中、友達が何度も電話をくれ「Mathilde、休養も必要よ!」とのこと。

そういえば、すっかり忘れていたけどFestivalが既に始まっていたのでした。

この日の夜は、学校の近所の広場がすっかりお祭り会場になっているのに驚きを隠せないながらも、カジュアルなJazzライブに行ってまいりました。

仮設のわりに、会場のバーなんかもしっかりしてます。

コントラバスが大好きな私は、着いて早々コントラバスのお兄ちゃんをちらりと見たのですが、これまたカワイイではありませんか!!
e0047125_2127568.jpg


ということで、カワイイおにいちゃんばかりを見ていた夜でした。

次回は話しかけてみよう♪
ムフフフフ。
[PR]
by mathilde13 | 2006-07-30 21:30 | Ville - City

海辺の町

なんだか落ち込むことばかり・・・。

でもそんなことばかり言ってられないので、修論に使う本を借りにMain Libraryに寄ったあと、バスに揺られて大好きな町を散策してきました。

e0047125_18521551.jpg

どちらかというとあまり治安とかもよろしくないとされている土地なんだけど、この町初めて訪れたときから一目惚れしちゃって・・・。

「どこ?」って言われると思い出せないけど、何か昔来たことのある違う国の小さな町みたい。

e0047125_18553438.jpg

私の住むOld townとは違って建物もモダンだし、建築事務所もこの辺りに集中している様子。

う~ん、やっぱり日本人なんですかね、新しい建物を見ると安心する。

夕方18時位だけど、まだまだ日が高い。
e0047125_18575376.jpg


この日も水辺のパブでワインを飲みながら、短い夏を楽しみました。
[PR]
by mathilde13 | 2006-06-15 19:04 | Ville - City

なまけもの

またまた怠け者のわたくし・・・・。

やることは山積みなんだけど、あまりにも暖かくて天気がいいので先日19時過ぎから散歩に行ってきました。

ここはCity centreが一望できる素敵な池があるとある公園。
e0047125_071295.jpg


こんな時間でも半袖でちょうどいいほど・・・。貴重な天気です。

12月に母が来たときは連れて行ってあげれなかった、例のハリーポターのモデルとなったのではないかといわれるCollegeにもとうとう足を踏み入れました。

ここです!
[PR]
by mathilde13 | 2006-06-08 00:15 | Ville - City

へんな祭り

4月30日

地元のFire Festivalに行ってきました。

私の実家のある町を含めて、地方には色んなお祭りがありますけど、この祭りだけは本当にわけがわかりませんでした。

e0047125_19433626.jpg


全身を真っ赤に塗って、フェイスペイントした人達が松明みたいなものを振り回す。→ 終わり。

e0047125_19463365.jpg


でもこのお祭り、街の丘の上で行われたため夜景をじっくり楽しむことができました。ここも有名な観光地なのに、8ヶ月もこの街にいて初めて登ったの。
こんなに時間がないと何も知らないまま帰ってしまいそうで本当に怖いな~。

あと4ヶ月少々、季節もよくなるし少しお散歩したりまったり外で読書したり出来たらいいな。

この日はまた雨に降られるし、寒いし、1時までPubでスコッチを楽しみました。

やっぱりお土地柄か、最近夢も変なんですよ。
ネッシーが出てきて捌かれてたり・・・・。(ヒドイ!)
頭の中もよくわかりません。
[PR]
by mathilde13 | 2006-05-01 19:55 | Ville - City

Tobacco

e0047125_7575612.jpg

サマータイムがはじまった今日、友達がどうしても中華が食べたいといって連絡してきたのに待てど暮らせど待ち合わせ場所に来ない!!!
超FUC○と思いつつ、気を長くすることにした私はゆっくり待つことに。
やっぱりサマータイムを知らなかったみたい。
私、これで加害者になった経験もあるのであまり強くは責められません。

ところで、とうとう今日からPubやBarでの喫煙が禁止されました。

これはアイルランドでは意外な成果をあげたらしく、一概にスモーカーにとって厳しいLawではないと聞いていたのですが、身をもって体感しました。

中華を食べ終わった後で街のちょっとこじゃれたBarに行ったのですが、お店の前に喫煙所が設置されてました。
いつもなら友達としか話す機会がないのだけれど、こうなるとまた喫煙所でお友達ができるのです。

今日話したのはScottish訛りの激しい男性。
ロンドンでホームレスをしたことがあるという彼ですが、今は立派にプログラマーとして仕事をしています。

時代と共にそしてLawとともに人との出逢いのシーンも変わって行くわけですね。
なんだかとっても興味深くLawについて考えさせられた一日でした。(サマータイムも含めてね)

日本もサマータイム導入を考えてるらしいですが、いつになるんでしょう。
かなり高い経済効果が予測されてますよね。
e0047125_814120.jpg

(帰りがけの街角。雨降りですが、こういう街並みって大好きです。)
[PR]
by mathilde13 | 2006-03-27 08:02 | Ville - City