La vie en rose....

最近毎週のように遊んでもらっているyukifoneさんの車の中で"La vie en rose" 若しくは "Dolce vita" について語りあっていたけど、結局いつものように訳がわかんなくなってきた。(笑)

ゆっくり湯船につかってリラックスした土曜日の午後、田園調布駅で待ち合わせ、チェロキーに乗り込む・・・・それだけでも十分"La vie en rose"。

さて、昨日もyukifoneさんお気に入りのお店でお取り置きの品を購入し、お隣でゴルゴンゾーラのピザスパゲティプッタネスカ。そして勿論白ワインも堪能してきました。

せっかくなので、お気に入りのコレクションをご紹介。これこそ正にLa vie en roseですな。
e0047125_1311589.jpg


↓これが一番のお気に入りパターン。早く皆を招待してDinner会したいわ。
e0047125_13122622.jpg


↓そして今日のお一人様ランチat home。(食事がのるとこんな感じ)
e0047125_13133763.jpg

本当は日曜なのでゆっくり食事作りたいんだけど、簡単に巨匠落合氏のレトルトで。
でも、器がいいとよく見えるでしょ?



そうだ、全く関係ないかあるかわかんないけど、最近姉に借りた川端の『眠れる美女』の一説にこんなものがあった。
「そのきれいさがたぐいなかったのは、おそらく江口のほかに知る者はこの世になく、江口老人の遠くはない死によって、この世から全く消え去ってしまうのを思ってみる。」

そう、私たちが出逢った全てのモノや人とのそれぞれの思い出、それは1人の死によってまったくこの世から姿を消してしまうんだな・・・・って。それともどこかに残るものなのかしら。

・・・・・なんてふと考えてしまった。

それにしても、文学には疎い(文学部なのに。笑)私だけど、やっぱり昔の作家の日本語って本当に美しいわ。

日本語も頑張ろう(笑)♪ 遅いけど・・・。
[PR]
by mathilde13 | 2007-03-18 13:21 | Vie - Life
<< 「Lyonよりお友達来る」の巻 雑記 >>