Rice rice rice・・・・

やっぱり日本人なんだな~と感じる瞬間、それは身体が「ご飯粒」を欲するときです。

というわけで先々週に炊飯器を買いに行ってまいりました。
e0047125_39343.jpg


嬉しくて嬉しくて、アマゾンで炊飯器調理の本なんかのレビューを読んだりもして、しっかり準備をしていました。

しかし、ここからがイギリスのお話(^^;)。

意気揚々とキッチンに行き、お米を研いで「十穀米」もセットし終わったところで買ったばかりの炊飯器にスイッチが入りません。

何分か格闘しましたが、どうにもこうにも動きません。
終いにはキッチンメートも手伝ってくれましたが、やはり駄目。
というわけで、この日は2合のお米を無駄にしたくなかったので結局鍋でご飯を炊きましたが、おこげだらけで顎が痛くなっちゃいました。

そして今日、ようやく時間が出来たのでArgosに持っていくと、調べもせずに速攻で新品と交換!
怪しい!!と思い、聞いてみると何度も同じケースがあったらしい。

明日はようやく美味しいご飯が食べれそう♪

しかし日本製のものだったらこんなこと考えられないんですけど~。

またこの国の駄目駄目な部分を垣間見たわたくしでした。
[PR]
by mathilde13 | 2005-10-09 03:17 | Vie - Life
<< Dialect The daughter of... >>