As a Japanese

今朝、急ぎ足で駅に向う途中、銀行の前で傘もささずに雨に打たれながら杖を持った、目の不自由な女性に出くわしました。

どれほど長い間、彼女がその姿でそこにいたのかは彼女の衣服が濡れていたことからも容易に想像が出来ました。

「どうされました?」と聞くと、彼女は少し戸惑ったように細々とした声で「この辺りに詳しい方ですか?」と聞きます。
正直、近所とは言えどもあまりにも方向音痴の私は、「う~ん、詳しいとは言えませんが、行き先はどちらですか?」と訊ねました。

彼女は駅近くのメンタルクリニックに行く道順を私に教えてくれたので、傘を一つにし、私の腕を持ってもらい無事に病院のレセプションまで見送ることができました。

外国かぶれなのかもしれませんが、私は日本で生活しているといつも、ここに住む人々の他者への無関心さにとても悲しい気持ちになります。

ベビーカーをバスから降ろすお母さん、若い人達が沢山座っている電車の中で辛そうに立っているご年配の方など・・・。
どうして見て見ぬふりが出来るんだろう・・・。
日本人の美徳ってどこにあるんだろう・・・ととても不思議に思ってしまうのです。

勿論、日本人全員がそうではありません。
駅への道を戻る途中、ふと私を囲む近しい人々の顔を一人一人思い浮かべてみました。
家族、友人、そして新しく家族になる人々・・・。その一人一人がきっと今朝のような場面に遭遇した場合、私と同じ行動に出る、いや、恐らくもっと丁寧に優しく接するでしょう。

そう考えるとちょっと幸せな気分に戻れました。
1本乗り遅れたな・・と足早に駅のホームへ向うと、私が乗る筈だった電車が3分遅れて到着しました。

きっと彼女が遅らせてくれたんですね。

メンタルクリニックへ彼女を通わせているのはこの社会で、他人を無視して生きている人たちこそ真の病を抱えた人達だと思いました。

自分の行動が素晴らしいとかでは勿論なく、当たり前のことを当たり前に出来ない社会・・・。
不思議に感じることって、皆さんもありませんか。
[PR]
by mathilde13 | 2009-05-29 21:14 | Vie - Life
<< Tea (Cafe au la... アラフォー会合3連発 >>